革製品OEMバングラデシュが注目されている理由とメリット

最近、革製品OEMの生産地としてバングラデシュが注目を集めています。この記事では、バングラデシュでの革製品生産の強みとメリットについて詳しく解説します。

1.バングラデシュが注目される理由

1-1.レザー生産国/現地資源の活用
バングラデシュは豊富な牛革の供給源として知られています。イスラム教であるバングラデッシュは年に2回「イード」という神様に牛をささげるイスラム教の祝祭があり、食用後には毎年大量の牛皮が発生する現状があります。
国内での原材料の豊富さが注目されている理由の1つであり、原材料の輸入の関税やコスト削減をしながら革製品のOEM生産が可能です。

1-2.日本への革製品の輸入は関税0円!
バングラデシュは特恵関税国であり、革製品の輸入関税が0%であることが大きなメリットです。他の生産地と比較して、バングラデシュでの生産はコスト効率が非常に高くなります。

Ethical Factoryとは
バングラデッシュに自社工場を構えており、
「革製品OEM最小ロット50個〜革製品OEM製作が可能!」「海外OEM生産でも日本人スタッフが企画〜納品までサポート」が特徴の革製品OEMです。  >>>革製品OEMの詳細はこちら

無料お見積もり依頼はこちらから!

2.品質管理と国際基準

2-1.レザーの品質
バングラデシュでは、イタリアやドイツをはじめとする世界各地の技術者が指導を行っており、ハイブランドとの取引もあるタンナーの技術が継承されています。これにより、技術と品質は非常に高いレベルに達しています。革製品OEMでは、オリジナルレザーを1から開発することも可能です。

2-2.国際基準を取得した工場
多くのバングラデシュの工場は、国際的な品質基準に適合した製品を提供しています。ISO認証などの品質管理システムを導入している工場が多く、高品質な製品を安定して供給することができます。

Ethical Factoryとは
バングラデッシュに自社工場を構えており、、ISO14001認証を取得。
「革製品OEM最小ロット50個〜革製品OEM製作が可能!」「海外OEM生産でも日本人スタッフが企画〜納品までサポート」が特徴の革製品OEMです。  >>>革製品OEMの詳細はこちら

無料お見積もり依頼はこちらから!

3.皮革産業の長い歴史と経験

11947年にインドから分離独立した後、産業としての発展を進めてきました。特に皮革産業はその一部として発展してきました。1960年代から1970年代にかけて、バングラデシュの皮革産業は本格的に成長を始めました。特にダッカやその周辺地域で多くの工場が設立され、皮革製品の製造が盛んになりました。
1980年代には、技術の進歩や外国からの投資により、生産力が向上しました。この時期から品質の向上や輸出市場への進出が進みました。現在では、アパレルの縫製産業の次に続くバングラデッシュの主産業へと成長しています。

4.まとめ

バングラデシュは豊富なレザーの供給、特恵関税、高品質な製品、政府の支援、など、多くのメリットを持つ革製品OEMの生産地です。


エシカルファクトリーは、これらの利点を活かしながら、バングラデシュの自社工場で高品質な革製品を提供しています。日本支店では、日本人スタッフによるサポート体制、円建てでの支払いなど安心して取引を行うことができます。
バングラデシュでの革製品OEM生産を検討する際には、エシカルファクトリーをぜひご利用ください。

無料お見積もり依頼はこちらから!

公式LINEでの相談も受付中!!

友だち追加

関連記事はこちらから

関連記事

TOP