靴OEM小ロット生産で高品質と低コストを実現する方法

靴OEMを小ロットで発注するにはどうしたらいいのか、わからないですよね。でも安心してください!この記事を読めば、靴OEMの小ロット生産に関する疑問が解決します。小ロット生産のメリットから高品質を維持する方法、コスト削減の秘訣まで、詳しく解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.靴OEM小ロット生産のメリット

1-1.初期投資の軽減
靴OEMの小ロット生産は、大量生産に比べて初期投資が少なく、特に新規ブランドや小規模ブランドにとって負担が軽減されます。靴OEMでは初期投資として、サンプル製作代金、商品金型代金、木型が製造費とは別にかかってきます。

1-2.在庫リスクの低減
靴OEMの小ロット生産は在庫を多く抱えるリスクが減り、売れ残りや無駄を最小限に抑えることができます。実際には靴の製作は、サイズ・カラーも多展開になってくるためどうしてもロットが大きくなってくるため小ロット生産はとても大事になります。

1-3.テスト販売に最適
お客さんの反応を見ながら、少量生産で新商品のテスト販売が可能です。靴の場合、履き心地が人によって異なるため、お客さんの意見を迅速に反映できます。

靴OEMのEthical Factory  
バングラデッシュに自社工場を構えており、
「最小ロット100足〜靴・スニカーのOEM製作が可能!」「日本人スタッフが企画〜納品までサポート」が特徴の靴・スニーカーOEMです。海外工場が不安な方、OEM工場を探している方もお気軽に日本人スタッフに相談できます!  >>>靴・スニーカーOEMの詳細はこちら

無料お見積もり依頼はこちらから!

2.高品質な靴製作をOEMで行っていくポイント

2-1.信頼できる靴OEMパートナーの選定
小ロット生産に対応した実績のあるOEM工場を選びましょう。靴の製作に慣れている工場はロットが大きいところがほとんですが、効率的な生産プロセスを持ち、品質を維持しながらコストを抑える方法を熟知しています。

2-2.品質管理の徹底
靴OEM工場が第三者検品を通しているか、生産過程での品質チェックリストを徹底することで、高品質な製品を安定して製作できます。不良品の発生を防ぐためには、綿密な品質管理が不可欠になります。

3.低コストを実現するための方法

3-1.効率的な材料調達
靴の製作では、様々なパーツが必要になります。小ロット生産に適した材料を効率的に調達する必要があります。靴OEMの経験が豊富な工場は、多くの資材メーカーと連携しているため小ロットでも調達しやすい傾向にあります。

3-2.スケールメリットの活用
生産量が増えることで、材料や製造コストを削減しやすいです。これにより、単価を抑えつつ高品質を維持できます。

靴OEMのEthical Factory  
自社ブランドを展開しており、これまでの技術と実績を元にサポートします!
「最小ロット100足〜靴・スニカーのOEM製作が可能!」「日本人スタッフが企画〜納品までサポート」が特徴の靴・スニーカーOEMです。海外工場が不安な方、OEM工場を探している方もお気軽に日本人スタッフに相談できます!  >>>靴・スニーカーOEMの詳細はこちら

4.まとめ

靴OEMの小ロット生産は、新規のブランドや小規模ブランドにとってとても大事な選択肢です。エシカルファクトリーでは、100足〜小ロット生産にも対応しており、高品質な製品を提供することが可能です。

担当者がデザインのヒアリングからサンプル制作、納品まで一貫してサポートしているため、制作が初めての方でも安心して発注いただけます。

無料お見積もり依頼はこちらから!

公式LINEでの相談も受付中!!
友だち追加

関連記事はこちらから

関連記事

TOP